薄毛対策で効果を出すために知っておきたい育毛剤と発毛剤の違いとは?

「なんだか最近髪の毛が薄くなってきた気がする…」というときに始める薄毛対策。

ただ、薄毛対策と言ってもその方法は一つだけではありません。

薄毛対策は、育毛剤での育毛による対策と発毛剤での発毛による対策に分けることができます。

そのため、薄毛対策を始める場合、育毛剤と発毛剤の違いについて理解しておくことがとても重要になってくるのですが、育毛剤と発毛剤の違いについてきちんと理解している方は意外と多くありません。

そこでこの記事では、育毛剤と発毛剤の違いについて詳しく解説していきます。

薄毛対策に取り組む場合どの方法で取り組み始めるかがとても重要になってくるので、これから薄毛対策を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

髪の悩みを解決するには育毛剤と発毛剤の違いについて知ることが大切

先ほども言いましたが、

「髪の毛が薄くなってきた気がする」

「髪の毛のボリュームがなくなってきた気がする」

「髪の毛に元気がなくなってきた気がする」

といった髪の毛の悩みを解決したいと考えた場合、育毛剤と発毛剤の違いを理解して、どちらの方法で薄毛対策していくのかがとても重要になってきます。

というのも育毛剤と発毛剤は全く異なるものだからです。

育毛剤と発毛剤の違いについてきちんと理解したうえで薄毛対策に取り組まないとその薄毛対策は失敗に終わってしまう可能性が非常に高くなるので、育毛剤と発毛剤の違いをしっかりと理解してから取り組み始めるようにしましょう。

育毛剤と発毛剤の5つの違い

育毛剤と発毛剤は全く異なるものだと解説してきましたが、実際のところ育毛剤と発毛剤にはどういった違いがあるのでしょうか?

ここからは、育毛剤と発毛剤の5つの違いについてみていきたいと思います。

使用する目的の違い

育毛剤と発毛剤も最も大きな違いが、この「使用する目的の違い」です。

初めて薄毛対策に取り組む方の場合、育毛剤と発毛剤をついつい一緒にとらえてしまいがちですがその役割は全く異なります。

育毛剤はその名の通り髪の毛を育てるために使用するものです。

今生えている髪の毛が元気になるための栄養となる成分を育毛剤によってあたえ、今生えている髪の毛の成長をうながしてあげます。

ここで注意しないといけないのが、育毛剤には発毛効果は認められていないという点です。

つまり、育毛剤では今ある髪の毛を育てることはできても、新しく髪の毛を生やすことはできないということになります。

一方、発毛剤は髪の毛を育てるのではなく生やすことを目的として使用するものです。

髪の毛の量を増やすことで薄毛対策をおこなっていきます。

そのため、今ある髪の毛を育てることで薄毛対策を進めていきたいのか、新しい髪の毛を生やすことで薄毛対策を進めていきたいのかで、育毛剤を選ぶべきか発毛剤を選ぶべきかが異なってくるというわけことになります。

配合されている成分の違い

育毛剤は今ある髪の毛を育てるもの、発毛剤は新しい髪の毛を生やすものだと説明してきました。

なぜ同じ薄毛対策用のアイテムでありながらその役割にこういった違いが出てきてしまうのかというと、配合されている成分が異なるからです。

育毛剤に配合されている細かな成分はそれぞれの商品によって異なりますが、ほとんどの育毛剤で国から認められて有効成分がメインの成分になります。

主なものとしては、

 センブリエキス
 グリチルリチン酸ジカリウム
 塩酸ジフェンヒドラミン

などがあげられます。

これらの有効成分は、髪や頭皮の調子を整えてくれるので育毛の効果は期待できますが、髪の発毛を促進するような効果はありません。

今ある髪の毛を育てることはできるものの、新しい毛を生やすことはできないということですね。

一方、発毛剤には上記のような成分ではなく、発毛作用が認められている「ミノキシジル」という成分が配合されています。

これは医療機関であるクリニックで発毛促進剤として処方される薬にも配合されている成分で、しっかりと発毛効果が認められた成分です。

そのため、ミノキシジルが配合された発毛剤を使用することで、育毛ではなく発毛をうながすことができるようになるわけです。

医薬部外品か医薬品かの違い

育毛剤と発毛剤には、医薬品かどうかといった製品そのものの違いもあります。

さきほど紹介したミノキシジルが配合されている発毛剤は、れっきとした医薬品です。

医薬品というのは医療用として提供されることもある薬品のことを指します。

医薬品は病気の治療に使用されるものなので、病院で処方される薬のようなものと思ってもらえればいいかと思います。

一方、育毛剤は医薬品ではなく、医薬部外品に相当します。

医薬部外品は病気の治療を目的として使用されるものではなく、予防目的で使用されるものです。

育毛剤と発毛剤はこのように製品の種類にそもそもの違いがあり、その効能や効果にも違いがあるということになります。

ちなみに効果と効能の高さは、医薬品、医薬部外品の順になります。

発毛剤を使用することで起きる可能性のある副作用の違い

育毛剤と発毛剤には医薬品と医薬部外品といった製品の違いがあると解説してきましたが、医薬品と医薬部外品には副作用の違いもあります。

つまり、育毛剤と発毛剤では使用することによって起こる可能性のある副作用にも違いが発生するということです。

医薬部外品である育毛剤にも副作用がみられることはありますが、それほど激しい副作用がみられることはありません。

副作用が発生するとしても頭皮にかゆみやが出たり、頭皮があれてしまったりする程度です。

一方、医薬品である発毛剤には育毛剤よりも激しい副作用がみられる場合があります。

主なものとしては、

 頭皮のかゆみやかぶれ
 頭痛やめまい
 胸の動機や心拍数の上昇
 体重増加やむくみ

などがあげられます。

育毛剤でみられる副作用よりも激しいものが多いですね。

このように、育毛剤と発毛剤には引き起こされる可能性のある副作用にも違いがでてくるということを覚えておきましょう。

対象となる人の違い

一見同じようにとらえられてしまいがちな育毛剤と発毛剤ですが、そもそも対象となる人にも違いがあります。

育毛剤は今ある髪の毛を育てることを目的としているものなので、髪の毛のボリュームがなくなってきたと感じている方など、髪の毛に元気がなくなってきたと感じている方向けの商品です。

また、特に今現在の髪の毛に不安を感じていないとしても、将来に向けての予防策的な使い方もできる商品になります。

一方、発毛剤は男性型の脱毛症であるAGAに対して使用するべき商品です。

AGAになるとホルモンの影響で髪の毛が抜けていくので、育毛ではなく発毛が必要になってきます。

発毛剤に配合されているミノキシジルは国に認められたAGAの治療薬なので、AGAで薄くなってしまった頭皮環境の改善が期待できます。

このように、育毛剤と発毛剤はそもそも対象となる人が違ってくるため、使用するときには自分の症状をしっかりと見極め、育毛剤と発毛剤のどちらを使用するべきかを考える必要があります。

まとめ

定番の薄毛対策である、育毛剤での対策と発毛剤での対策の違いについて、詳しく解説してきました。

育毛剤での薄毛対策と発毛剤での薄毛対策は混同して考えられてしまいがちですが、今回紹介してきたようにいくつも異なる点があります。

そのため、それらの違いについて正しく理解し、どの方法で対策をおこなっていくのかを見極めることが重要になってきます。

対策方法を間違えてしまうと時間もお金も無駄にしてしまうことになりかねないので、この記事で紹介してきた内容を今一度しっかりと確認してもらいながら、どの方法で対策していくのかを決めていくようにしましょう。

↓ ↓ ↓オススメの発毛剤はこちら↓ ↓ ↓

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ